ひとことで保育園といってもその形態はさまざまです。
私なりに調べた保育園の違いを1分で分かるように図で説明するとこんな感じになります。

  • 認可保育所
    国が定めた基準をクリアし、各都道府県に認可された保育所。保育士の数や床面積などの基準が最も厳しい。各市区町村の管轄となり、市区町村が選考を行う。保育に欠ける状況を点数化するため、ある意味公平な選考が行われる。ただしその指標は市区町村によって異なる。基本的にはその市区町村の住民が対象となる。保育料は所得(住民税)によって決定される。所得が高い場合は6~8万円程度になることも。
    市区町村が運営するもの(公立園)、民間企業が運営するもの(私立園)、市区町村が設置して民間企業が運営するもの(公設民営園)があり、それぞれ特色がある。
    一般的な認可保育園に加え、認可保育所の基準に概ね準拠した主に0、1、2歳児を中心として少人数を保育するる「小規模認可保育所」、幼稚園と保育園の機能を併せ持った「認定こども園」というものもある。
  • 認証保育所(東京都独自の制度)
    認可外に分類される。東京都が独自に定めた基準をクリアし、東京都に認証された保育所。各認証保育所が決定した方法(申込み順や抽選)で選考を行うため、一般的に保育に欠ける状況は審査されない。保育料は一律、認証保育園が徴収するが市区町村からの補助が出る場合があり、認可保育園と同程度の負担で保育を受けることができる。
  • 事業所内保育所
    認可外に分類される。企業がその従業員の子を保育する目的で設置した事業所内保育所。従業員の家族が優先されるが、空きがあればそれ以外の乳幼児も受け入れている場合がある。
  • その他の認可外保育所
    上記に該当しないもの。時間単位による託児所、ベビーホテルなど様々な形態がある。各保育所が決定した方法(申込み順や抽選)で選考を行うため、一般的に保育に欠ける状況は審査されない。基本的に地区町村からの補助はないため保育料割高となる場合が多い。ただし、認可保育園の限られた保育時間に対応できない働き方をしていたり、認可保育園の申し込み基準に満たないパート従業員などの柔軟な受け皿ともなっている。

また、保育所には該当しませんが、子供を預けて仕事をする際の選択肢として保育経験者や保育士の有資格者など各自治体が定めた基準をクリアした者が自宅で保育する「保育ママ」制度もあります。

私は自分の子供を認可外(事業所内保育所)、認可(公立と私立)の3箇所に通わせましたがそれぞれにメリット、デメリットがあると感じました。また、同じ認可でも公立と私立では雰囲気や方針など変わってきます。
入れればどこでも、、、とまではいかずとも保育園を選んでいられない状況ではありますが、それぞれの特色を認識していると入園前と入園後のギャップを少しは埋めることができるのではないかと思います。

一番気になるのは安全面ですが、認可外は危険とは一概に言えません。
いろいろなところに見学に行きましたが、認可外は本当に様々です。ただ、認可外のほうが園長先生や経営者の意向が反映されているように思いました。責任者がしっかりしている、責任者に声が届きやすいことが大切です。そのため、見学のときは責任者の方に直接話を伺える機会があると安心です。

※この説明は、東京福祉保健局やその他のサイトの説明を参考に、私なりに咀嚼し、現状について自分自身の理解を書いたものですので、抜けや誤りがある可能性があります。

ランキングに参加しています。
ポチしていただけると嬉しいです♡
にほんブログ村 子育てブログ 保活・待機児童へ
にほんブログ村