在宅で実務翻訳の仕事をしているモモシロです。

 

第二子の認可保育園0歳児クラスへの入園が無事決まり、いよいよ4月から仕事復帰です。

保育園への入園が難しいと言われている昨今、その中でもフリーランスにとって、保活は非常に厳しい状況であると言われています。
上の子は昨年4月からやっと認可に入ることができましたがそれまでは認可外に約3年通いました。
下の子は兄弟加点のおかげで第一希望の園に入れましたが、本当は昨年夏には保育園に入れて仕事復帰したかったのです。
(個人事業主には育休はありませんので、仕事を休むということは収入が途絶えると言うことであり、育休手当なるものもないので経済的にも早く復帰したかったのです。)
しかしやはり年度途中での入園は難しく1年近く仕事をお休みすることになってしまいました。
毎月1日にWebで発表される保育園の空き状況を確認しては空きがなく落ち込む日々。
3年近く続けた保活にやっと終止符を打つことが出来そうですが、長い道のりでした。

ただ私の場合はフリーランスだから保育園になかなか入れなかったということではなく、一番の理由は第一子であったということでしょう。
すでに兄弟が認可保育園に通っている場合、兄弟加点というものがあり、その点で第一子は大変有利になります。
去年上の子が奇跡的に認可保育園に入れたため、兄弟加点のおかげで下の子はわりとすんなり0歳から入園できることになりました。

会社員以外の働き方をしている人が認可保育園で不利になるかどうかは、自治体によって変わってきます。
選考基準となる評価においてフリーランスが減点となるところと同等に扱ってくれるところがあるので、一概にフリーランスは不利とは言えません。
私の住む文京区は、選考の指数表で「居宅内勤務」「居宅外勤務」というカテゴリーの区別はあるものの、労働時間に対する点数はまったく同じになります。

今後引っ越しをする予定があり、子供を保育園に入れることを視野に入れている方は、
認可保育園の選考基準は自治体によって大きく異なること、その選考基準も年度毎に改定される可能性があること
を知っておいて損はないと思います。
選考基準については各ホームページで確認することができます。
よく、○○区は保育園に入りやすい、○○市は待機児童が少ないといったことが話題になり、その地域に子育て世帯が押し寄せて結局入りにくくなってしまったということがありますが、待機児童の定義もカウント方法も自治体によって異なり、数字のマジックでできるだけ待機児童を少なく見せている場合もあります。また、選考基準において区民(市民)としての長さが重視されるところもあるため、安易な引っ越しには注意が必要だと思います。

私の場合はたまたま住んでいるところにフリーランスの差別がなかったためラッキーでしたが、調べてみるとそもそも育休制度のないフリーランスは、産休が終わったらすぐに働き始めないと上の子が退園になってしまうところもあるようですね。

文京区では私のような育児のための自主的なお休みも、会社員の育休と同様の扱いとなっているため、産休期間が終わったらすぐに上の子が退園しなくてはいけないということはありませんでした。

ではどうしてフリーランスに優しくない自治体があるのでしょうか。
これはひとえに保育課などの入園の選考に携わる側の理解不足、在宅勤務への謝ったイメージによる思い込みから選考指数が定められてしまったからではないかと思います。
子供がいてフリーランスという同じ境遇の方が書いたブログがありました。

保活は死活~居宅内で働く個人事業主の訴え~

個人事業主や、居宅内労働をする者の指標の低さを自治体(市・区役所)の窓口や、電話で質問してみると、職員は口を揃えて言う。「そういう決まりだから」と。それで終わり。
窓口に来る保護者を平等になんて見ていない。
ちなみに、私も役所の職員から言われた言葉は、「家で仕事してるなら子供見ながらできるでしょ。自由きくんだし。」だ。噂だと思っていたら、本当に言われた。
何度でも言うが、自由がきくなら最初から保育園に申し込まない。自由がきかないから、同時に保育と仕事が成り立たないから子供を預けたいのだ。

「家で仕事しているなら子供見ながら、、、」
この言葉、役所で本当に言われるようなんですがこれは大きな誤解。
お小遣いかせぎにちょろっと仕事するくらいなら昼寝の時間を狙ってできるかもしれません。
でもフルタイムの会社勤め同様の仕事量を子供見ながらどうやってこなすのでしょう。
お役所の方は職場に子供連れて出勤して、どれくらい仕事ができるか想像してみてもらいたいものです。

自営業やフリーランスの保活ブログや、自営業の方が役所に送った保育園不承諾についての意見等たくさん目を通してきたが、皆口を揃えている。「不平等だ」と。「育児休業中の会社員には勝てない」と。自分は今、預け先がないまま必死で働いているのに。そして区からは、子供の預け先が確保できないのに「自宅で育児してますね。はい、マイナス6ね。」と、理不尽なマイナス指標を投げつけられるのだ。

先ほど私は「ラッキーだった」と書きましたが、これを読んだとき住んでいる自治体によってここまで違うものかと驚愕しました。
フリーランス、自営業などいわゆる会社勤めではない働き方に理解のある自治体は、これまでの先輩方の熱心な働きかけや親身な担当職員の方の努力があったのかもしれません。
いろいろと感謝しなくてはいけませんね。

そうであったとしても、それでも在職証明書のフォーマットが会社員を想定したもので「これは私の場合はどう書けば、、、?」と困ってしまうようなものだったり、
勤務実績を客観的に証明するのが難しかったり、申請の時点で軽く壁にぶつかるのは事実です。

私自身が申請でどのようなことを行ったかについては、追々ご紹介できればと思います。

ランキングに参加しています。
ポチしていただけると嬉しいです♡
にほんブログ村 子育てブログ 保活・待機児童へ
にほんブログ村